より暮らしやすくなった賃貸物件

不動産の賃貸において少しでも安く、良い物件を探しているという借主もいれば、空き部屋を無くすために努力を重ねる貸主も存在します。
不動産業者はこうした立場の人々を仲立ちしながら、幅広い人々が不動産を利用出来るように努めているのです。
賃貸物件の進化として見逃せないのが、ニーズに合わせてリフォームやリノベーションを重ねている物件です。
今回はリフォームやリノベーションを済ませた賃貸物件の特徴について詳しく見ていきましょう。

リノベーションとリフォームはどちらも似たような意味で使われる言葉ですが、
賃貸を改装するにあたってはその規模によって使い分けがなされることもあります。
リフォームとは比較的小規模な工事によってお部屋の一部を改装し、使いやすいものに変えるという目的があります。
ショートルームとして使用していた部屋に配線工事を施すことで居室利用も可能にするといった工事が良い例でしょう。
工事そのものは小規模でも、コンセントを差して電化製品が使えるようになったお部屋は
不動産の間取り図でもSではなくRとして表示することが可能になりますから、こうした利便性が借主の心を惹きつけることもあるのです。

その他のリフォームの例としては、水回りの工事や壁紙の全面交換、
新しくロフトを設置するなどいわゆる日曜大工として取り組むには難しい規模の工事で賃貸物件を改装する光景が見られます。
一方のリノベーションとはお部屋の間取りさえも変更してしまうほど規模の大きい工事を施してお部屋に新たな付加価値を与えるという工程です。
リフォームよりも費用が掛かることはもちろんのこと、仕上がりに関しても新築と同様と思えるぐらい徹底的に行うのがリノベーションの特徴です。
インテリアを筆頭とした物件のムードを整える工事も行いますが、
例えば耐震や免震性を加えるために物件の基礎から現代の基準に合ったものにするといった、見た目にはわからない工事を施すこともあります。

その際にはもとの姿がわからなくなるまで解体し、もう一度作り直す意気込みで物件を一新することが多いようです。
リノベーションやリフォームを施された物件を賃貸するメリットには次のようなものがあります。
一つは、リフォームやリノベーションによってより便利な物件となり、生活の質が向上する可能性が高まるというものです。
当然ながら、築数十年の物件と一年前に建ったばっかりの物件ではどちらが便利で暮らす安いものかは簡単に予測出来ると思います。

リフォームやリノベーションは部分的ではありますが、建物をもう一度作り直すという意味合いが強いので、
築年数の長い物件よりも現代の生活に合った仕様になっていることが多いのです。
リノベーションやリフォームをした物件は同じ築年数の物件よりも多少家賃が高くなることもあります。
しかしそれは数万円にも満たないものであるケースが多く、むしろ利便性が高まったことを考慮すればお得に感じられることも少なくないのです。
家賃とは周囲の物件との相場の他に、築年数が大きく関わってきます。

つまり、いくらリフォームをしたからといってもそれを理由に家賃を倍増させてしまうのは、
他の物件との比較によって淘汰されてしまう可能性を高めるので、貸主の側としても不用意に家賃を上げにくいという事情があるのです。
ここを上手く利用して、借主となる皆さんはリフォームやリノベーションを済ませた物件を狙い目と捉えるのも良いでしょう。
リフォームやリノベーション済みの物件を内見する際には、どこを工事したのかだけでなくどこを工事しなかったのかについても確認しましょう。
工事を終えている部分は使いやすさが高まっているでしょうが、着手せずに残している箇所は昔ながらの賃貸物件としての使い勝手のままであることも多いからです。
リノベーションやリフォーム済みの物件を賢く利用して、便利で快適な賃貸での暮らしをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA