賃貸生活に関わるあれこれ

不動産を賃貸して暮らしていると、様々なトラブルやシチュエーションに遭遇することになります。
特に共同住宅のように多くの人が集まって暮らしている賃貸では、人と人の出会いが事件を呼び、
トラブルの火種がそこら中に転がっていることも少なくありません。
今回はそんな賃貸生活をより快適にしていくための知識について詳しく見ていきましょう。

賃貸物件は基本的に目的に合わせて借りていることを念頭に置きましょう。
例えばマンションで家族と暮らしているという契約であれば、基本的な目的は居住であり、
そこで商売をすることを前提とした契約が結ばれていないのが実際です。
居住という目的をはみ出して、例えば近所の奥様グループ相手に料理教室を開きたいと考えた場合は
家主及び不動産業者に連絡を取ることをおすすめします。
料理教室という営利行為をするにあたって、物件の所有者及び貸主に許可をとる必要があるのです。

これが料理教室であれば賃貸物件そのものに悪影響を与える可能性は低いかもしれませんが、
柔道などの武道を教えるといった場合、受け身や投げ技で床に強い衝撃を与えるという事態が考えられます。
こうなると賃貸物件そのものがダメージを受けてしまいますから、物件の資産価値が大きく低下する恐れがあるのです。
料理教室も柔道教室も貸主に断りなく始めるのは賃貸借契約における契約違反を犯している可能性が高いといえるので、まずは家主に相談することから始めましょう。

生活に困窮している、どうしても教えて欲しいという人がいるといった理由をもとに説得すれば、貸主の許可をもらって教室を始められることもあります。
何よりも気を付けていただきたいのは、居住という目的で借りたのに、許可なくそれ以外の目的で使用することです。
これは契約を解除される要件、すなわち追い出されるきっかけにもなりかねないので注意してください。
賃貸物件における水道管やガスといった備え付けの備品は、借主の過失であるという事態を除けば貸主の側に修理金の負担義務が生じます。

しかし、これを知らずに借主が勝手に修理業者に依頼してしまうと、借主の側がいらぬ負担を負うという事態に陥ってしまうのです。
自分で何とかしようという意思は立派ですが、賃貸物件は基本的に貸主のものであり、
ライフラインなどに故障が発生した場合は早急に貸主に連絡を取るのが得策といえます。
断りもなく業者に修理を依頼した場合には、「あなたが勝手にやったことでしょう」といわれて貸主に修理代を支払ってもらえないこともあり得るからです。

ただし、貸主の側に通告したにも拘わらず、一切修理しようとする動きがなく、
仕方が無しに借主が修理代を負担したというケースであれば貸主に修理費用を請求することが出来ます。
借主の義務である故障個所の報告を行っているのであれば、貸主はそれに応えて直ちに修理をするという義務が生じるからです。
これを無視して修理を行わないというのは賃貸借契約における債務不履行ともいえます。

ただし、もし裁判などで争うとなったら証拠を請求されますから、
大家との会話を録音しておく、第三者を引き連れて貸主に修理の依頼をするといった対策を施すことをおすすめします。
普通借家契約の場合、貸主の都合で契約の中途解除すなわち物件から出ていって欲しいという要求を突き付けられた場合、立退料というものを求めることが出来ます。

立退料とは、貸主の都合で出ていく代わりに請求するお金のことです。
立退料の算出方法としては、引っ越しにかかった費用や借主が賃貸していた物件に住めなくなったことに対する精神的負担の補償、
さらには本来賃貸していた物件に住んでいたときに得ていた借地権に対する補償といった意味合いを考慮することになります。
立退料を算出したい場合は弁護士事務所を訪ねて相談するのも良いですし、
貸主側が支払わないといって来たら内容証明や裁判外紛争解決手続き、それでも支払いを渋る場合は訴訟といった形で立退料を請求するという流れが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA